03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

トルコ旅行 オルデニズ・フェティエ・アンタルヤの巻 1

2009.09.27 (Sun)

誰も訪れない過疎ブログですが一応挨拶だけはしておきます。
皆さんご無沙汰しております。お元気でしょうか?

さて私先日トルコ共和国に行ってまいりました。
論文や報告書は結論から先に書け!私は今でも上司に怒られてしまいます。
ので、結論ですが
オルデニズ 70点
フェティエとその周辺 95点
アンタルヤ 100点
てな感じで、良かったです。楽しかったです。また行きたいです。
旅行が終わって関空に到着した時はまたつまらない日常が始まるのかと死にそうになりました。

9月17日 仕事終わりで南海電車に乗り一路関空へ!
トルコ航空チェックインカウンターはシルバーウィークが始める事もあって長蛇の列。荷物は機内持ち込みだけなんすけど~と係員の人に言うと華麗にショートカットさせて頂きました。逆に時間を持て余してしまいましたがこれから機内食を食べる身としては無駄食いはいけません。そんなこんなで大阪からイスタンブールまで直行です。機内食は朝飯が美味かったっす。
まだ夜明け前のイスタンブールの空港 しかしトルコも先進国みたいなもんです。綺麗なターミナルにはうさんくさい訳のわからん人はまったくいません。逆に少し拍子抜けしながら国内ターミナルに移動
1

そこでチャイとトルコ風サンドイッチをしばいてから最初の目的地であるオリュデニズの最寄りの空港であるダラマンに飛び立ちました。そしたらおんなじようなサンドイッチを出されて少し悔しい思いをしながらすぐに空港に到着。さて降り立ちましたよ。地中海まってろよと意気込んでフェティエ行きのバスに乗り込みます。
「トルコの家はソーラーシステムが充実してるな~」と車窓からの眺めを楽しんでいるとフェティエの街のバスターミナルに到着、のろのろと荷物を背負ってターミナルを出てオリュデニズ行きのミニバスはどれっすか?と訪ねると目の前にありました。そして30分ほど路線バスに揺られると目の前には美しいビーチが!これが去年からパンフレットを見て憧れていたビーチ オリュデニズです!
oludeniz_airport_transfer_1.jpg

見てください綺麗でしょ。
3

ビーチのすぐ横 オリュデニズのバス停
DSCF2339.jpg

おまけにホテルだって綺麗でしょ。
DSCF2286.jpg

ただこの街はビーチも美しいし、アクティビティも充実してるんですけど,,,とにかくイギリス人ばっかりでトルコにきた雰囲気がまったくないって事もないが乏しい事が難点です。まあ英語が通じるし割りきったらいいんでしょうが ちょっとね。
まあそんなマイナスも吹き飛ばすぐらい海だけじゃなく楽しい事に満ちあふれています。ついた日はホテルのプールでのんびり 夜は鶏のシシ?ケバブ?を食ってゆっくり寝ました。
DSCF2287.jpg

次の日は憧れのビーチで優雅に華麗に過ごす。どうですこれ まるでブルジョアじゃないですか?夜は僕の嫌っているベジタリアンみたいな夕食でしたが大満足!トルコは茄子とかオクラとか美味いんっすよね。野菜で腹いっぱいになりましたよ。
さて3日目は三半規管が弱いのでハングライダーっていうの?はチャレンジしなかったけど、周辺のビーチを廻るボートツアーに参加しました。
DSCF2361.jpg

DSCF2402.jpg

DSCF2426.jpg
いやー良かったですよ。地中海?エーゲ海?まあ何でもいいけどすんごいはしゃぎました!
夕刻、オリュデニズからフェティエに移動。ここで初めてトルコにきたって感じがしました。適当に選んだ安ホテルに荷物を掘り込んでから向かった先は魚市場の中にあるというレストラン。ただこの日は日曜なので店やってないかな~と思ったら超満員。
DSCF2453.jpg

ここは魚屋で魚を買って周りの店で調理してもらうというシステムと言うことを教えてもらい早速美味しそうなイワシと鯵、ほんでから海老を買って魚屋に紹介してもらったレストランに行きました。が、あんまり状況を飲み込めていない私は、捨て猫ちゃんのように立ち尽くしていましたが、親切なトルコ人が次々とアドバイスをしてくれます。そうなのです今回の旅行で痛感したのはトルコ人は優しいというかめちゃめちゃ親切 と言うことです(たぶん)。そこでこの混雑はラマダン明けの祝日であるシュガーバイラムというトルコで一番の祝日と言うことがわかりました。
DSCF2444.jpg

そんなこんなで海老をビリ辛に炒めてもらい、おいらがチョイスしたおさかなちゃん達はこんがりと美味そうに焼かれて出てきました。
DSCF2452.jpg

美味い!トルコビールのエフィスとの相性もばっちりで大満足のディナーを堪能した後は、ヨットハーバーに並ぶ屋台みたいな所で軽くビールを引っかけて眠りにつきました。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

11:35  |  旅行記  |  Trackback(0)  |  Comment(1)

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2014.04.30(水) 13:53 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yoshinofu.blog91.fc2.com/tb.php/68-5a8cef32

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。