05月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ジャカジャカジャカルタとプロウスリブ その1

2012.04.28 (Sat)

プロウスリブ 皆さん知ってますか??
ジャカルタの沖合にあるプロウスリブ諸島は、昔JALが開発したリゾート地だ!っと高速艇で一緒になったインドネシア人がニヤニヤしながらめちゃくちゃな英語で話しかけてきます。僕のアミーガA嬢は「そんなわけないやろこんな辺鄙なとこにJALがわざわざホテル作るかいな」っと笑って一蹴しましたが、帰国後、元JALの常務に笑ってこの話をしたところ、本当に10年前までJALがリゾートホテル経営してたと聞いてびっくり仰天。 バカにしたネシア人の彼 ごめんなさい。

さて、去年一緒にインドはラダックに行ったS君は、僕より年下なのに東証一部上場企業のインドネシアはジャカルタの支店長!癖のある上長2人とゆとり新入社員と自信を失った中国人に挟まれてふらふらになっている私とは格が違います。でも2人はただの友達なので、先日「こんど現地に安値で土地買ったから一緒に見に行きませんか?」っと、王将で餃子食いに行きましょや」ぐらいの軽い感じでお誘い頂いてたので、つい「おっけー」と返事してしまいました。とりあえずジャカルタまで行くのに飛行機乗らなアカンよな~ってことで、人生初Air Asia 就航当初、遅延、運休お構いなしの態度から「赤い悪魔」と恐れられたエアアジア!ちょっぴりビビりながら初体験。ちなみにジャカルタまで諸経費全て込みで5万円弱でした。

仕事終わってスーツにバックパックを背負い、急ぎ南海電車特急ラピートに乗って一路関空へ!あちこちで地上係員と客が揉めていて不安にさせるエアアジアのカウンターでS君の土産が詰まったカバンを預けて飯でも食おかと食堂街に降りていきますが、殆どの店が閉店直前。こんな所にも関空の悲哀が現れているようで悲しくなりながら、ローソンでオニギリ買ってイミグレを抜けると、最終搭乗時間の40分も前なのにファイナルコールのアナウンスが!なんでやねんっとブツブツ言いながら搭乗ゲートまで行くと本当に誰もいません。僕らが機内へ入ってしばらくすると扉を閉めて、結局20分前倒しでエアアジアは飛び立ちました。
DSCF4355.jpg
赤い悪魔は思った以上に快適でした エア・アジアの勇姿

エア・アジアの注意点! 1.機内がめっちゃ寒い 2.機内めっちゃ暇 3.機内販売ええ匂いさせすぎ 4.これは会社の大師匠から情報をもらったんですが、CAエロすぎ ガン見は嫌がられます

ってなことでクアラ経由で朝8時ちょっと前にジャカルタはスカルノハッタ国際空港LCCターミナルにオンタイムで到着しまいた。
アライバルゲートを抜けたところでS君とも無事合流 急ぎプロウスリブへ向かう港に急行します!僕が出発前に仕入れてきた情報では、アンチョールと言うテーマパークから船が出るということでしたが、S君の運転手がぶっ飛ばす車はローカルの魚市場を抜け、ゴミが山積みのスラムに入っていきます。
日本から来た僕らにはあまりにもパンチの効いた場所すぎるので不安になりましたが、なんとか外側だけは普通の建物がある高速艇乗り場に到着。
DSCF4045.jpg
魚市場の横で小魚はすぐに乾物へ変身!
DSCF4043.jpg
パンチが効いて来ました
DSCF4052.jpg
港のターミナル 立派な外見ですが、中は電気も水も通っていない有様 うんこが流れずハエが酷い

さあ、船に乗り込むぞ~っと意気込んだものの、予定の時間になっても船が来ません「なんでやねん!」っとS君が強い口調で係員を問いただすと、「予定の船が故障しているので、次の便まで我慢してください」との事。ここで怒りを爆発させてもしょうがないので、それじゃあ早めの昼飯行きますか~っと行った先が北京ダックが美味い店!ジャカルタで北京か~などとしょうもないことを考えながら到着したレストランはクーラーも効いてて快適!そこで北京ダック&その他もろもろとビールで乾杯!
DSCF4053.jpg
ビンタンには本当にお世話になりました
DSCF4059.jpg
北京ダックはすでに巻かれて出てきます。甘味噌つけて食ったら激旨!
DSCF4058.jpg
身も食います

腹もいっぱいになって、ええ感じでアルコールが身体に回って再度高速艇乗り場へ!なんだかんだで少し出発が遅れましたが、客は私らプラス1名だけで出発!聞けば1名約300円 アンチョールから乗ると10倍以上の値段になるらしいです。
DSCF4062.jpg
高速艇の勇姿と恐ろしくすえた臭いのするジャカルタの海

高速艇はガンガン波を蹴散らして進んでいきます。飛行機疲れで爆睡していたら、あっという間にS君が土地を買ったというプラウ・プラムカと言う島に到着。港から徒歩40秒の宿に荷物を下ろして2時間仮眠を取って再度S君が迎えに来てくれましたが見事な夕暮れの風景!到着の時は気付きませんでしたが、海もめっちゃ綺麗で、あのジャカルタの海とつながっているとは思えないほど、近くにシュノーケリングポイントがあるというので急いで出かけました。
DSCF4085.jpg
島の入り口
DSCF4082.jpg
メインストリート 長さ約30メートル
DSCF4086.jpg
魚もいっぱい泳いでました
DSCF4110.jpg
帰ります

シュノーケリングで良い感じの疲れで島に帰って来ましたら、俄然腹が減って来ました。島に一軒しかないメダン料理を出すレストランに行こうとしたら、S君が世話になっている家の爺さんから家で飯食ってけとのお誘いが。そんでビールとワインを運んで晩餐開始!特に貝を炒めたものは絶品で、なんちゅう美味さやとみな仰天!しかもビールにもワインにも合うという試合巧者ぶりを見せつけられました。
DSCF4128.jpg
美味かった魚の丸焼き
DSCF4131.jpg
めっさ美味かった貝の炒めもの

食事の後は、僕の部屋に場所を移して3人でお互いの近況報告も含めて懐かし話など。夜が更け、酔が回り、小腹すいてきたな~なんて話しているとインドミー食いに行こうという話になりましたがすでに23時30分。日本の地方都市に行ってもこの時間に空いてる店ないで~って言うと、宿のすぐ前の屋台はなんと24時間営業とのこと!
宿を出て徒歩15秒で屋台につくと、インドネシアの誇るインスタントラーメン インドミーでこの日を締めることに。
DSCF4135.jpg
コンビニエンス屋台 24時間営業
DSCF4140.jpg
インドミー最高

明日も早いので、このへんでお開き おやすみなさい
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

12:18  |  旅行記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yoshinofu.blog91.fc2.com/tb.php/251-4310f8bd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。