09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

コパムンディアル16日目 スアレスのゴラッソが韓国の野望を打ち砕いた件

2010.06.27 (Sun)

名前はめちゃめちゃかっこいいけれど、ピッチは最悪のネルソン・マンデラ・ベイスタジアムでの雨中の対決。あんまり日本の先に行くんじゃないよっ!っていう気持ちと、アジアにもサッカーがあるって言うことを魅せつけてやれっ!っていう二つの思いが行ったり来たりしたウルグアイ対韓国の試合は2-1で南米の古豪ウルグアイに軍配が上がりました。

いや、韓国強かったですよ。前半はなんだか動きが良くなかったけれど、後半始まって同点に追いつくまでは完全に韓国がボールを支配していたからね。でもウルグアイをすげーって思ったのは、ボールは支配されていたけれど、ゲームを支配させなかったもんね~。
あと、ウルグアイって言えば世界でもトップクラスのラフプレイというかダーティーな試合運びが出来るチームなんだけど、今までは世界の舞台で裏目にでることが多かったけれども、今回のチームはぎりぎりのところで自制が出来るようになっているというか、カードを貰うようなファールを犯さなかったところが今回のチームが勝ち上がった要因のひとつなんだろな~なんてことを考えました。

韓国も減ったとは言えラフプレイが多いチームで、僕はタイトな守備や厳しいマークはどちらかというと好きな方で、地味なDFが世界的なスター選手(例えばCロナウド)なんかをがっちりマークして仕事をさせない時なんて、めっちゃおもろいな~と感じてしまうんですが、韓国は2002年でやらかした印象があまりにも強いので、どうしてもそういうふうに見られてしまいがちなので、今の方向性でチームを高みに持って行きたいなら、苦しい時の安易なファールは減らすべきでしょうな。

そんでから結局最後まで見てしまったガーナとアメリカ
アフリカの大会で、アフリカのチームが一つも残っていないとあまりにも寂しいので、今回の勝利おめでとうございます。
でも、正直アメリカがどこまで行けるのか、もう少し見てみたかったってのが本音です。

さあもうすぐドイツとイングランドが始まりますね。
90年W杯、96年ユーロともにドイツが勝って、2000年ユーロはイングランドが勝ったような記憶が...

それよりもアルゼンチン対メキシコなんですけどね。
スポンサーサイト

テーマ : サッカー - ジャンル : スポーツ

22:22  |  サッカー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yoshinofu.blog91.fc2.com/tb.php/208-bad2381d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。