04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

南米旅行

2008.01.27 (Sun)

皆様ご無沙汰しております。この2年以上放置してあったブログを開くとは思いもよりませんでしたが、今回此処でラテンアメリカ生活最後を飾る南米旅行を報告したいと思います。 今回は期間3週間  目的1.マチュピチュを訪れワイナピチュに登る! 2.ウユニ塩湖に行く!  3.コンドルを見に行く!  番外編.チリでウニを気持ち悪くなるほど食べる といった物でした。目的は3番以外達成され、最後の飛行機トラブル以外は大きな問題もなく旅行が出来ました。まず最初に訪れたのはインカの都でマチュピチュへの入り口になるクスコに到着しました。標高3400メートルと言う事で高山病にビビりまくっていましたが、元々高地のメキシコシティに住んでいる事もあり特に問題はありませんでした。が、此処は坂の多い街で、綺麗ですが何処へ行くにもかなり疲れました。 さてクスコの街ですが飯は結構美味かったです。写真はありませんが街外れにあるEl Condoritoってとこで食べた牛の心臓の串焼き肉は美味かった!芋とでかい肉が3本刺さってて120円ぐらいだったと思います。 この街にはシエンシアーノと言うサッカーチームがあり、日本人の澤君って子が活躍してるのでユニフォームを買って帰ろうと思ったんですが安っぽい偽物しか売っていませんでした。クスコ人はサッカーしないのか?
クスコの街です。
夜が綺麗な街でした。
写真の料理はAji de gallinaって言う、鶏のこってりピリ辛煮込みって感じの料理ですがかなり美味かったです。ペルーに行けば一度は試してみてください。 いよいよ第一の目的であるマチュピチュですが、年末で日本からもツアー客がたくさん押し寄せ、電車(目的地までの唯一のアクセス方法、他にはバスと徒歩の組み合わせもしくは徒歩しかない)のチケットを確保するにも苦労しました。電車の往復チケットと麓の街からマチュピチュまでのバスチケット、それに入場料だけで120ドル近くしました... さてマチュピチュはというと...まあ凄いとは思いましたが元々遺跡等に興味がないので、また来たいと言うほどの感動は正直沸き起こりませんでした。 その代わりマチュピチュを見下ろすワイナピチュに登ったのは面白かったし、登りきった時の達成感もあり(かなりしんどい)これはかなりおすすめです!
写真はワイナピチュからマチュピチュを撮った物です。 この後一度クスコの街に戻り、本当は此処で2.3日ゆっくりしたかったんですが日程がタイトな事もあり、翌日にはチチカカ湖の畔にある街プーノに出かけました。 この移動した日は元日だったんですが、此処で一回目のトラブル発生!8時30分出発のバスなので、15分前にはターミナルに行くように言われその通りに行動したんですが、出発時間になってもバス会社のカウンターは開かずバスも来ず。 ブラジル人と一緒になってバスターミナルの責任者に詰め寄るも「だって昨日は大晦日だろ。飲み過ぎちゃったんじゃないの~」と笑顔でコメント。それでブラジル人夫婦と一緒にブチ切れて文句を言ってたらようやく何処かに電話しだして、9時前にバス会社の担当者が到着。面倒くさそうに対応された後1時間遅れでバスは出発し、途中パンクしたりと予定より2時間以上遅れて10時間後にプーノに到着しましたとさ... プーノの街は旅行代理店とインターネットカフェだけのショボイ街ですが、湖の上に葦を編んで作った島、ウロスは結構楽しかったです。家も船も全部葦で組み立てられていてるのに各家にフジモリ元大統領からの贈り物と言うソーラー発電があり家の中からテレビの音が聞こえてきたりと変な感じでした。 ここでペルーとは一度サヨナラして翌日国境を越えボリビアに入ります
此処がペルーとボリビアの境です。
スポンサーサイト

テーマ : ペルー - ジャンル : 海外情報

11:17  |  中南米ネタ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。