10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

AUPA行きまくりの日々の中、フィンケさんの功罪を考えたりする

2010.11.22 (Mon)

今週は四ツ橋にあるスペインバル「AUPA」さんに行きまくりでした。
特に金曜はいつもとは違う美女2人プラス会社の先輩という変わったメンバーでしたが、かなり(珍しく私以外が)酔ってしまい、お店の方にはご迷惑をおかけしました。ごめんなさい
shop_image2.jpg

写真はお店のHPからのパクリです。
いやいやほんと会社から家に帰る道がてらつい寄ってしまう求心力の強さ。おそろしいです。

さてさて土曜日の浦和戦 いや~新幹線乗って観に行こうと思いましたが、なんだか悪い意味での虫の知らせみたいなものもあり(クリスマスに万博で見れるというのも押しとどまった一因)、現地観戦を断念したんですが、ある意味いってたら泣きそうになって大阪までかえらにゃならんかった事を考えると、まあほっとしたというかなんというか....

まあガンバに完敗したことでそうなるだろうなと思っていましたが、フィンケ政権は2年で幕を下ろす事になりました。ただ新聞を読むとマルシオや松井など、派手な補強に走るようなことが書いてありました。理由は観客動員が低迷して、ビッグネームを持ってこないとお客様が来ないという理由だそうです。
これ皆さんはどう思います?ほんまに
とにかくあまり感情論に走らないで、フロントには冷静にこの2年間とその序章だった2008年も合わせて総括してほしい。

僕はフィンケの2年間は肯定的に捉えている部分も多くて、やはりユース出身を中心とした若い子の台頭は嬉しかったし、ずっとこのサッカーが続くとは思えなかったけど、指向性が明確になり、続けていったほしい部分も多かったのは事実です。
ただ、やはり弱かった 弱いというのが気に入らないのなら強くなかった。これはフィンケのせいだけでは無くて、運やフロントの責任の部分も多いだろうとも思えますが、それでも勝利に向けて常に最善の策をとっていたかというと首をかしげざる得ない。

目指すべきものは見えた しかし結果が付いてこなかった これを踏まえて今後より魅力的な浦和レッズにしていただければと考えます。

ほんとフロントの方にお願いですが、サポが望んでいるから望みどおりのことをしてやるっていうポピュリズムに走るのは、一歩間違えたら現在絶賛迷走中の民主党と一緒になってしまうので、ほんと良く考えてください。
おいら個人はビッグネームを見に行きたいわけじゃなく、ビッグネームであろうがなかろうが、赤いユニに誇りを感じて戦う選手が魅力的なフットボールを繰り広げ、そして勝利して欲しいです。

おわり
スポンサーサイト

テーマ : 浦和レッズ - ジャンル : 日記

09:01  |  サッカー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。