08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

トルコ旅行 オルデニズ・フェティエ・アンタルヤの巻 2

2009.09.26 (Sat)

書いてる途中でフリーズしてしまいました。
まあ適当に書きますが、4日目はサクルケント渓谷に向かいました。サクルケントって言うのは.. まあ詳しい事はwikiで調べてくださいな。まあ簡単に言うと雪解け水が激しく流れる渓谷を腰まで水に浸かりながらずっこけながらハイキング出来る所です。説明するのが面倒くさくなってきたので写真でもどうぞ。
DSCF2473.jpg

DSCF2480.jpg

ツアーで行く方がいいかなって思いましたが一日拘束されるのが嫌なのでフリーで行ってきました。フェティエからはローカルバスに乗って1時間強5トルコリラで行けます。
びちゃびちゃのTシャツが乾いてきたのでバスに乗り込むと、行きも一緒だったオーストラリアの女の子が、帰り道の途中にあるトロス遺跡に行けへんか?って聞いてくるのでまあええかと思い遺跡に向かう事に。バスを途中で降りて約30分 そろそろへろへろになった所に遺跡がドーンと現れました。
DSCF2486.jpg

トルコは此処だけではないのですが、とにかく遺跡の扱いが酷いというかなんというか..この遺跡だって価値のある遺跡と思いますがとにかくほったらかし!まあ必要以上に過保護にするよりいいのか?
DSCF2503.jpg

遺跡も見終わって、一日何本しか来ない路線バスを掘っ立て小屋みたいなお茶屋で待っていると店の親父がいろいろ話をしてきました。まあテキトーに話を合わせていると親父の知り合いが登場。何だか英語を駆使するお金持ちそうなおじさんはおいらの苦手なビジネス書のような話をしてきます。トヨタの改善がどうだとか松下幸之助がどうだとか。そのうち一緒に飯食うか?って流れになってきたので まあええか~っと思いついて行くと、かんなり貧粗なローカルな家..以外に貧しい人なのかなって思いましたが、臨時レストランみたいな感じで、おいら達が到着したらついさっきまで庭を暴れ回ってたんだろうと思われる鶏さんを暖炉で焼き始めました。
DSCF2511.jpg

これが実に美味い!ブリンブリンの鶏さんは塩とコショーのみの味付け。付け合わせのナスとトマトのサラダも美味くて腹いっぱいになって帰途につくと、明日は俺ん家に飯食いに来い!じゃあ明日6時に古代劇場の前で待ち合わせな!っと話をどんどん進めてしまいます。NOと言えない日本と言うかNOと言うのが得意でないおいらは石原慎太郎に怒られると思いますが、まあええかと思いオッケーしました。
街に帰りトルコのピザチェーン(多分)パスポートピザのマスコットとパチリ
DSCF2513.jpg

旅行5日目は泥の温泉で有名なスルタニエ温泉へ出かけました。スルタニエ温泉まではツアーで行くのがお勧めです!安いし、亀も見れるしそっちが良かったんですが、なんせ6時に待ち合わせなんで此処も個人で行ってきました。行き方はバスターミナルからオルタジャまで行ってから乗り換えてダルヤンへ そんでから個人で船をチャーターして行きます。まあそんなに高くないし一日拘束されないからそれはそれで良かったけどね。川をぶらーり登って行きます。
DSCF2529.jpg

泥の温泉は良かったッす!泥の風呂もおもろかったけどやっぱり日本人は普通の温泉!硫黄の匂いもいい感じの熱~い湯に入ると天国でした!異国で温泉 最高ですよ。
DSCF2520.jpg

あと分かりにくいけど温泉です。
DSCF2523.jpg

このあとダルヤンに戻って外れ無しの昼食をとった後フェティエに戻って晩飯に望みます。
トルコ人は6時の待ち合わせにぴったりに登場!トルコ人すげーなと思い家に行くと...ちょっと豪華じゃないですか!ベランダにはワインとかカルパッチョみたいのとかが既に並んでます。
DSCF2548.jpg

宴は楽しく進み、暖炉で焼かれた鶏や牛も本当に美味しかったです!最後にトルココーヒーを頂いて楽しい夜は終了。トルコ最後の夜がすごい素敵なものになりました。
DSCF2553.jpg

さあ明日は最終日 アンタルヤに移動して日本に帰ります。
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

23:42  |  旅行記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

トルコ旅行 オルデニズ・フェティエ・アンタルヤの巻 3

2009.09.26 (Sat)

さあ旅行最終日はフェティエからアンタルヤへ移動です。
バスに揺られて3時間半、のんびりした田舎道をぶっ飛ばしアンタルヤに到着。アンタルヤは今まで訪れた街と打って変わって大都会でした。
街郊外のでっかいバスターミナルから路線バスに乗り、城壁に囲まれた旧市街カレイチを目指します。が、カレイチの横にある安食堂が集まった所で腹ごしらえです。
DSCF2560.jpg

ドネルケバブに劇ウマソースが掛かったものとサラダと甘くないヨーグルト。これが美味い!もっとトルコ料理食いたいけれど今日は日本に帰らないとなりません。悲しすぎます。
DSCF2556.jpg

腹がいっぱいになった後はいよいよカレイチに突入です。なんというかロマンティックな表現はできませんがかっちょええとこです。地図を無視して気が向く方に歩いて行きますが、多少暑いものの楽しさ爆発です。
DSCF2583.jpg

街のはじっこで海を見ながらザクロのジュースを飲んでしばらく休憩
DSCF2578.jpg

ちょいとばかり疲れてきたのでネットで発見した此方Cafe&Pension Villa Verdeにお邪魔.。
DSCF2564.jpg

此処はカフェだけでなく素敵なペンションも一緒です。美味しいお茶を頂きながら、風が凪ぐ心地よいテラスで素敵なオーナー夫婦に楽しいトルコの話を聞かせてもらいました。そのあとサービスでお部屋も見せてもらいましたが...男のおいらが言うのはなんだか不気味かもしれませんが、ほんまに素敵な部屋でした。アンタルヤで一泊しない事を激しく後悔しまくりです。
ご主人も奥さんも本当にありがとうございました。心から感謝です!
さあいよいよトルコも最後です。カレイチハーバーを望める高台から空港に向かいます。
DSCF2590.jpg

ガキが集まるパン屋屋台 トルコのパンはばり美味かったッす
DSCF2595.jpg

楽しかった旅行も終わりです。アンタルヤからイスタンブールを経由して到着した日本はやっぱり日本でした。
DSCF2604.jpg

さあ次の旅行は何処へ行きますかな

テーマ : 海外旅行記 - ジャンル : 旅行

22:41  |  旅行記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。