スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

たまには為になる事を。メキシコ旅行のちょっとしたアドバイス

2005.05.22 (Sun)

よく"メキシコって危ないんと違うんかい"と言う質問を頂きますが、僕自身は怖い思いをした事がありません。しかし周りを見渡して見たり、話を聞いたりしていると結構何かしらあるようです。そこで今回は少し真面目にメキシコ旅行に対するちょっとしたアドバイスを私なりに。あと何処の国でも層だと思いますが"安全は金で買うべし!" 半年、一年旅行するならいザ知らず3ヶ月以内の旅行なら、結局使えるお金は使うべきだと考えています。少しけちって結局大損するとかがないように。 それでは空港到着から順に進めていきます。 ○英語は全く通用しないと考える事!一般人に"Excuse me"なんて話しかけても大概無視されます。 ○両替したらすぐにお金をしまう事!そこの日本人見られてますよ~。 ○ホテルまでは空港タクシーを使う事!地下鉄もありますが夕方以降に到着するのなら100%止めるべき!昼までもお勧めしないです(乗り換えが大変だし危険。中心街に行くまで1時間以上掛かるよ) 少し安くあげたかったら隣の国内線ターミナルから乗ると言う手もある。 ○空港タクシーはチケット制です(前金)それ以外のタクシーには絶対乗らない事! 市内観光編 ●地下鉄は扉から離れた所(出来るだけ奥)に位置する事!地下鉄はメキシコシティを網羅しており一回20円で何処でも行けます。ただスリにあっただのいきなり下ろされて金取られただの物騒な話も聞きます。絶対に扉の近くには立たない事。あと暗くなってからの利用はお進めしません。 ●タクシーリブレは明るいうちに!悪名高いメキシコのタクシーですが昼間なら流しを捕まえても問題は無いでしょう(遠回りされるぐらいかな) 夜はホテルやショッピングセンター近くに待機しているシティオ(Sitio)にするべし!レストラン等では手配してくれるので間違ってリブレに乗らない事!特に女性。 ●地下鉄の乗り換えはかなりだるい!駅によっては難波から心斎橋(関西人にしか分らない例え許して下さい)ぐらい歩きます。重い物もって歩くのはかなり辛い、あと地下鉄はいつでも混んでます。 ●ガルバルディ広場(マリアッチが聞ける)やアレナコリセオ(ルチャリブレの会場)は割とと治安の悪い場所にあります。あまりお金を持たず、出来れば複数で行くのがベター。 ●物が安く買える所は危険な所でもある!有名なのがTepito(テピート)やMerced(メルセー)などの市場。メキシコらしい雰囲気で物も安いが(生活用品etc)少しはずれると大変危険です。この辺りの人も良く分っていて夕方4時前からすでに店終いをはじめます。興味本位でうろうろしない事。 ●屋台料理は疲れた身体にダメージ大!脂っこくて香辛料たっぷりの不衛生な屋台飯は長旅で疲れた身体にはキツイかも。ちょっと小奇麗なレストランでも昼は飲み物付いて500円~1000円で飯食えるのでそっちの方がオススメです。 ●長袖必須!雨季はチビ傘あると便利。夜寒いです。 長距離旅行編 ◎けちけちしないで1等バスに乗る事!おいらはマサトランからティファナまで500円けちったばかりに24時間で到着するとこを35時間掛ってしまいました。クーラーはぶっ壊れて車内サウナ状態!とにかくバスは良いのに乗りましょう。 ◎長距離バスの車内はプチ冷蔵庫、厚着する事!サービスかなんかしらんが異常にクーラーを効かせます。とにかく厚着で。 ◎ビーチにはパック旅行が便利!カンクンなら飛行機代ホテル代合わせて3万5千円ぐらいから、アカプルコなら(地下鉄タスケーニャ、南バスターミナル前のアカプルコを取り扱った旅行代理店が数多くある)バス往復とホテルで7千円ぐらいからある。 まあシティを離れると全然治安も良いし、少しの警戒心と常識があればほとんど困る事はないんだけどね。最後に女性は変な男に引っ掛からない事!(日本人女性はめちゃめちゃもてます。まあいろんな意味で...) ※誤解があると嫌なのでちょっと注釈。 メキシコ人が日本女性に好感を持っているのは確かです。エキゾチックな雰囲気があり、何よりマッチョな国メキシコでは日本女性は男性に尽くすと言うイメージがありますのでラテンの国の男達は日本人の男なら言わないような甘い言葉でどんどん言い寄ってきますが...一部日本人がよく行く場所にジゴロみたいな奴らがいて、金と身体目当てで言い寄ってきます。 学生旅行なんかで来た若い子や、ある程度スペイン語が出来る中年女性を狙っているようです。 まあバンコクとかに行って日本人のおっさんと現地の女の子の組み合わせながら、女の子が不幸になるバージョンですね。 まあこれは我々日本男児の魅力が薄いからかもしれませんが... まあそう言った事もあるので充分注意して下さい。
スポンサーサイト

テーマ : メキシコ - ジャンル : 海外情報

21:44  |  中南米ネタ
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。